ヘッダーの始まり

本文の始まり

慶應義塾は、つねに社会・地域に知的資源を公開し連携することで、そこに住む人々とともに豊かな未来社会を築くために努力しています。

また、慶應義塾は、教育・研究分野を中心としたさまざまな地域連携の取り組みを行っています。個々の事例については以下をご覧ください。

社会・地域連携の拠点となるキャンパス

慶應大阪シティキャンパス

2013年5月、大阪市北区のグランフロント大阪ナレッジキャピタル内に慶應大阪シティキャンパス(KOCC)を開設しました。これは、2008年から大阪市福島区の堂島リバーフォーラム内に設置していた、旧・慶應大阪リバーサイドキャンパスを移転したものです。

大阪は慶應義塾の創立者・福澤諭吉の生誕地であり、「福澤諭吉誕生地記念碑」が設置されています。また福澤が青年期に適塾で学んだ地でもあります。慶應義塾としては、明治6年11月から同8年6月の間、「大阪慶應義塾」を開設していました。

慶應大阪シティキャンパスでは、卒業生同士の交流や生涯学習の場としての拠点機能に加え、各種セミナー・講座等の展開や、さまざまな大学、研究機関、企業が入居するナレッジキャピタルならではの産官学交流も進めていきます。

鶴岡タウンキャンパス

2001年4月、山形県および庄内地域市町村との連携のもとに、鶴岡市に鶴岡タウンキャンパス(TTCK)を開設しました。「統合システムバイオロジー」の世界の拠点となることを目指した「先端生命科学研究所(IAB) 」の活動を中心に、慶應義塾大学の学生を対象とした「先端生命科学プログラム」等の実験実習を伴う教育プログラムも開設しており、鶴岡の豊かな環境の中、教員と学生が一緒に研究プロジェクトに取り組んでいます。

新川崎タウンキャンパス

2000年春、新川崎タウンキャンパスは、川崎市との連携・協力により、先端的な産学官共同研究を担う施設として開設されました。産学官連携の拠点として、最先端の研究や教育活動を推進し、「新産業・新事業の振興」、「社会・地域への貢献」を柱とする複数の事業を展開しています。

殿町タウンキャンパス

殿町タウンキャンパスは、2016年4月、殿町国際戦略拠点キングスカイフロントにある川崎生命科学・環境研究センター(Life Science & Environment research center (LiSE))内に開設されました。キングスカイフロントに集積する企業および研究機関等との連携・協力によるイノベーションの創出をめざし、慶應義塾スーパーグローバル事業における「長寿」クラスターの研究や、科学技術振興機構リサーチコンプレックス推進プログラムを活用したウェルビーイング研究などを推進します。

日吉キャンパス

日吉キャンパスの複合施設「協生館」は、慶應義塾における社会・地域連携の拠点のひとつです。

協生館は、創立150年記念事業のひとつとして2008年8月に完成しました。
3つの大学院のほか、文化・教養の高揚、社会・地域連携の実践、スポーツ・健康・医療環境の充実、インキュベーション展開をコンセプトとした施設があり、新しい活動の場を創造し、学生と世代を超えたさまざまな人々が集い交流し、連携を実現していく場となっています。

連携協定の事例

慶應義塾は、各地において社会・地域連携を進めています。その一部をご紹介します。

港北区(横浜市)との連携協定(慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科)

2017年6月、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科と横浜市港北区は連携協定を締結しました。 システム思考やデザイン思考、マネジメントに関する教育研究成果を活用した地域の課題についての調査・事業の実施、スポーツに関する取組みやデータの活用検討等を通じて、相互のさらなる発展に寄与することを目的としています。
慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科と横浜市港北区が連携協定を締結(2017/06/08掲載ニュース)

東京2020オリンピック英国チーム事前キャンプの契約を締結

2017年3月、慶應義塾大学、横浜市、川崎市は、東京2020大会における英国オリンピック代表チームによる事前キャンプの受け入れについて契約を締結しました。
慶應義塾大学では、2020年7月3日から8月11日の期間、日吉キャンパスの記念館や陸上競技場、蝮谷体育館を中心に、計13種目の競技を受け入れる予定です。施設の提供はもとより、研究・教育・歴史・文化・芸術などスポーツ以外の分野においても交流を深め、地域社会や国際社会への貢献のために協力していきます。

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会連携協定を締結

2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会の成功に向け、それぞれの資源を活用してオリンピック教育の推進や大会機運の醸成等の取り組みを進めるため、2014年6月に一般財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会との協定を締結しました。
今後、さまざまな形で連携協力に向けての検討を進めるとともに、主会場となる国立競技場に隣接する信濃町の慶應義塾大学病院は、2020年東京オリンピック・パラリンピックのいわば後方支援的病院として、特に積極的な連携協力を検討する予定です。

山形県および山形県鶴岡市と協定を締結

慶應義塾と山形県及び山形県鶴岡市は、慶應義塾大学先端生命科学研究所(IAB)を核とした研究教育活動のプロジェクトを共同で推進するため、2014年3月、第4期目(2014-2018年度)となる協定を締結しました。慶應義塾、山形県、鶴岡市の三者による連携は、1999年に最初の協定が締結されました。それ以降積み重ねた、IABにおけるメタボローム解析を中心とした研究活動、地元高校生を「研究助手」「特別研究生」として受け入れる教育活動など、さまざまな業績が評価されています。

静岡県との連携協定

2017年4月、静岡県の先端農業プロジェクト事業の連携・協力に関する基本協定書を取り交わしました。
先端農業プロジェクト事業推進にむけて静岡県と協定を締結(2017/04/21掲載ニュース)

2010年12月、静岡県の「富士山麓先端健康産業集積プロジェクト」の推進に関する事業連携協定を締結しました。

川崎市との連携協力協定

2009年11月、慶應義塾と川崎市は、相互に有する人的、物的、知的資源を活用し連携・協力することにより、地域社会、研究、産業の振興に貢献することを目的に、連携・協力に関する基本協定を締結しました。これは、2000年に開設した新川崎タウンキャンパスおよびその他の教育・研究・社会貢献等の取り組みにおける、それまでの慶應義塾と川崎市との連携・協力をさらに発展させたものです。
さらに、2016年4月、慶應義塾と川崎市は「慶應義塾大学殿町タウンキャンパスにおける研究・教育活動の推進に関する連携協定」を締結しました。

藤沢市との連携等協力協定(湘南藤沢キャンパス)

2009年10月、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(総合政策学部、環境情報学部、看護医療学部、大学院政策・メディア研究科、大学院健康マネジメント研究科)と神奈川県藤沢市は、地域社会の発展と研究・教育活動の推進、人材育成等に寄与するため、連携等協力協定を締結しました。

長崎県との連携協力協定を締結

2009年4月、慶應義塾と長崎県は、相互の密接な連携協力により地域課題に適切に対応し、活力ある地域の形成と実学の促進に寄与することを目的に、研究・教育活動の推進と地域振興に関する連携協力協定を締結しました。

青森市との連携協力(コ・モビリティ社会研究センター)

2009年2月、慶應義塾大学コ・モビリティ社会研究センターと青森市は、連携協力に関する覚書(「コンパクトシティ形成ならびにコ・モビリティ社会基盤構築に向けた連携協力覚書」)に調印しました。

港区(東京都)との協定

2008年10月、慶應義塾と港区(東京都)は連携協力に関する基本協定を締結しました。
これまで築き上げてきた関係を再認識するとともに、双方が有する資源を活用し、将来にわたって連携・協力を推進、地域社会及び教育・研究の発展に役立てることを目的としています。また、2008年10月には、港区と慶應義塾の連携協力に関する協定が結ばれ、芝地区“昭和の地域力再発見事業拠点”「芝の家」がオープンし、大学と地域社会の融合した研究、教育、まちづくりの更なる発展が見込まれています。

京都市教育委員会との協定

2008年8月、慶應義塾大学と京都市教育委員会は連携協力に関する協定書に調印しました。相互に協力し、慶應義塾大学と京都市教育委員会及び京都市立の学校及び幼稚園との人的・知的交流を通じて慶應義塾大学及び京都市における教育の充実・発展に資することを目的としています。

大分県中津市との協定

2008年4月、慶應義塾と中津市は相互連携に関する協定書に調印しました。
福澤諭吉の学問に対する考え方をもとに、次世代を担う人材の育成と、それを育む地域づくりを進め、また、福澤諭吉の遺徳を顕彰する活動を展開することを目的として、両者が相互に連携します。

山梨県および富士吉田市との協定

2007年12月、慶應義塾は、山梨県および山梨県富士吉田市と連携協定を締結しました。
山梨県、富士吉田市、慶應義塾は、富士北麓の森林文化を基軸にしてこの地より未来を先導することを目指し、イノベーションによる新たな価値の創造と地域づくり及び国際社会に貢献する人材づくりのため、それぞれの持つ力を十分に発揮し連携します。

関連コンテンツ

サイトマップの始まり

ナビゲーションの始まり