ヘッダーの始まり

本文の始まり

1858年、幕末の激動の時代に開かれた慶應義塾は、「全社会の先導者たらんことを欲す」という福澤諭吉の志を継承し、あらゆる分野で社会を先導する人材を輩出してきました。その志と理念を受け継ぐ次代の先導者たちを、慶應義塾は待っています。

自我作古(われよりいにしえをなす)

前人未踏の新しい分野に挑戦し、たとえ困難や試練が待ち受けていても、それに耐えて開拓に当たるという、勇気と使命感を表した言葉で、義塾の信条となっています。

Across Keio

Where People and Possibility Converge

  • ボーダーを超えるフィールド

    多様性ある空間で人がどう交わるべきかを研究テーマにし、SFC向けのメディアの運営や宿泊研究施設の運用に関わってきました。これまでにないものを生むには、これまでにないつながり方が必要だと考えています。仲間と語り合い、心の中にある限界への境界線を取り払うことが、僕の新たな挑戦への原動力を生みます。

    総合政策学部
    石井 大智

    Keioのオススメ

    • 起業をはじめ、世の中にないことをはじめようとする人が多いこと
    • 人のつながりを大切にする人が多いこと
    • 困難と戦うことを楽しめる環境と仲間がいること
  • 志高い仲間に出会える

    私の周りには、資格勉強、留学、部活動など多様な活動に熱心に取り組んでいる友人が多く、彼らから日々刺激を受けながら大学生活を送ることができています。また、慶應義塾には充実した制度や施設、応援してくれる仲間がいて、自分のやりたいことに果敢に挑戦できる環境があるのも大きな魅力です。

    商学部
    足立 圭輔

    Keioのオススメ

    • 緑豊かで居心地のよいキャンパス
    • サークル活動等を通じて他学部の学生とも交流できる
    • サークル、部活動の豊富さ
    • 卒業生とのつながり
  • The Perfect Fuel to Never-Ending Dreams

    Keio has been both a motivation as well as a path to satisfying the never-ending craving within my dreams. Provided with a variety of course selections, Keio has always been my fuel for seeking direction within my life as well as for diving deeper into my research field.

    Faculty of Environment and Information Studies
    Minkyoung Cho

    • Exposure to a colorful environment that ranges from computer science, business, and biology, all the way to architecture and design
    • Seminars where one is able to have deep conversations with professors and mentors
    • Meaningful experiences that truly fuel your motivation and dreams day by day
  • 慶應義塾という流れの中で学ぶ

    年齢を超えた慶應義塾でのつながりは、総合大学ならではの多様性を持ち、刺激的で、私の成長の糧となっています。偉大な先輩方から続く慶應義塾の歴史の中で、多くの学生が他から吸収し己を高め、新たなステージへ飛び立とうとしています。このつながりの"強さ"が慶應の強みだと思います。

    薬学部薬学科
    土屋 智佑

    Keioのオススメ

    • 様々な考え、知識を持った友人、先輩・後輩達とのつながり
    • キャンパスの立地の良さ
    • サークル、部活などの学生団体が多数ある
    • 親身に相談に乗ってくれる学生課
  • 深掘りと俯瞰によって、深い理解は得られる

    人々の営みにおいて生み出される、書かれたテキストや語り、人工物の一つ一つを深掘りし、そしてそれを俯瞰することを通じてこそ、過去もしくは現代の世界と他者への理解は深まります。この姿勢は、情報が多すぎて迷ってしまう今の時代に必要とされています。

    文学部 図書館・情報学専攻 教授
    池谷 のぞみ

    Keioのオススメ

    • 自由闊達に学びを共にできる仲間
    • 知の宝庫である図書館
    • あなたの研究の頼れる伴走者である教員
    • 研究を通じて卒業論文にまとめる経験
  • 法と政治を語学から切り開く

    大学では、社会における意思決定能力を身につけることはもちろんですが、その意思を伝達する術を知ることも重要です。私の所属する法学部には、そのために外国語インテンシブコースがあります。法律・政治を専門的に研究しながら、多言語でその理解を深めることができる。慶應義塾だからこそ実現し得る贅沢な学習環境です。

    法学部政治学科
    広瀬 航太郎

    Keioのオススメ

    • 種類豊富な学食、生協、メディアセンター(図書館)まで、何でも揃うキャンパスは一つの街のよう
    • 全ての講義が外国語で行われるGICセンターには、面白い科目が盛りだくさん!「武士道」の講義も
    • 一般生はもちろん、一貫教育校出身の学生、帰国生、留学生など様々なバックグラウンドを持つ仲間との出会い
  • 慶應義塾での学び

    慶應義塾大学では所属学部に縛られず様々なことが学べます。私は商学部生ですが、法学部法律学科のゼミに所属し、国際租税法に関して勉強しています。また、授業はたくさんある科目の中から興味のあるものを選べ、マーケティングや経営学、経済学などを深く勉強しています。まさに独立自尊を重視している学校だと言えます。

    商学部
    久野 祐輝

    Keioのオススメ

    • 先輩との絆が強い
    • 体育会活動やサークル活動が充実している
    • 各キャンパスに大きなメディアセンター(図書館)があり、勉強に最適な環境が整っている
    • 個性豊かで著名な教授が多く、毎日が刺激的
  • The Opportunity to Embrace New Challenges

    Keio University provides opportunities for me to challenge myself. Student life here is full of diverse people with passion and an excellent research environment that fosters interdisciplinary thinking. This inspires me to step out of my comfort zone to explore and create new things for the world.

    Graduate School of Media Design(KMD)
    Komkid Topoklang

    • Diverse community
    • Interdisciplinary curriculum
    • Beautiful campus
  • Innovative Ideas to Impact and Enrich Society

    The culture here at KMD focuses on social aspects to push the boundaries of education. By nurturing an interdisciplinary culture, students from various backgrounds work together to design and adopt new forms of media that impact our societies. Diversity here is a key to creating change.

    Graduate School of Media Design(KMD)
    MHD Yamen Saraiji

    • Keio's well-respected name and reputation across Japanese society and academia
    • Accessibility to advanced engineering research facilities
    • Constant support from the Office of Student Affairs ensures a high quality of life at Keio
    • Diversity of international students and teachers enriches the learning experience
  • 慶應義塾の魅力は仲間意識

    理工学部、理工学研究科(修士)卒業後、メーカーをいくつか経て慶應病院に戻って来ました。仲間意識が強く、学部の垣根を超えて協力できるのが慶應の魅力です。

    臨床研究推進センター 特任助教(有期)
    松岡 江美

    Keioのオススメ

    • 人材交流
    • 活気
    • イノベーティブな文化
    • 伝統
  • 偉大な先生の意思を受け継いで

    福澤諭吉先生の思想があってこそ慶應義塾大学を誇りに思っている自分がいます。福澤先生のように社会をリードし、自由独立な気風を促せるような人間に成長していきます。

    法学部政治学科
    山本 寛士

    Keioのオススメ

    • 偉大な思想家の意思を肌身で感じることができる
    • 留学や特別講演などの様々な機会があり、充実している
    • 多様性に富んだ学生や先生と触れ合い、切磋琢磨をすることができる
    • 自発的に行動を起こし、目標に向かって頑張れる環境が整っている
  • 卒業後に実感する繋がり

    ゼミやサークルなどのOB会や三田会などの活動が盛んであり、学生時代だけでなく社会人になってからも慶應義塾の一員であるということを実感できることは大きな魅力です。慶應義塾ほど繋がりを大切にする組織を他に知りません。

    理工学メディアセンター職員・文学部卒
    加藤 諒

    Keioのオススメ

    • みんな慶應が大好き
    • 学生・教員・職員の距離が近い
    • メディアセンター(図書館)の豊富な蔵書

サイトマップの始まり

ナビゲーションの始まり