ヘッダーの始まり

本文の始まり

福澤諭吉の実学の精神を受け継ぎ、
実践する学塾

慶應義塾は1858年、福澤諭吉が江戸に開いた蘭学塾から始まりました。創立から150年を超え、現在は小学校から大学・大学院までを擁する、日本で最も長い歴史を持つ総合学塾として幾多の人材を輩出しています。学問、とくに「実学」の重要性を説いた福澤の志と理念を受け継ぎ、教育、研究、医療を通じた社会へのさらなる貢献を目指します。

実学

福澤がいう実学はすぐに役立つ学問ではなく、「科学(サイエンス)」を指します。実証的に真理を解明し問題を解決していく科学的な姿勢が、義塾伝統の「実学の精神」です。

  • 塾長メッセージ

    「伝統を守り進化を続ける慶應義塾」
    慶應義塾長 長谷山 彰

  • 理念

    明治初期、『学問のすゝめ』で人間の自由・平等・権利の尊さを説き新しい時代の先導者となった福澤諭吉。
    その教育理念は今も脈々と受け継がれています。

  • 歴史

    1858年の開塾から現在までの慶應義塾の歩みを、まとめて紹介します。

  • グローバル・エンゲージメント

    慶應義塾大学は、総合大学の強みを生かし、「長寿 Longevity」「安全 Security」「創造Creativity」の3つのクラスターを設けて、分野横断的な研究を進めています。また、各クラスターにおける国際共同研究や、さまざまな教育プログラムを通じて、グローバル社会で活躍できる人材を育成し、国内だけでなく、世界が抱える課題(Global Challenges)の解決に向けて貢献していきます。

  • 卒業生ネットワーク

    卒業後も多くの塾員(卒業生)が共に学んだ友人や恩師、そして、母校とのつながりを大切にしています。塾員同士の結束・連帯感、そして塾員と慶應義塾のつながりの強さは慶應義塾の大きな特色です。

  • キャンパス

    慶應義塾は東京都、神奈川県に6つのキャンパスを擁しています。このほか、タウンキャンパスなどを全国に展開しています。

サイトマップの始まり

ナビゲーションの始まり