ヘッダーの始まり

本文の始まり

慶應義塾の教育・研究・医療をはじめとするさまざまな活動を支える重要な基盤として、図書館と情報環境ネットワークがあります。図書館はメディアセンターとして運営されており、豊富な蔵書をもとに、大学における利用者の情報要求に応えるため多様なサービスを行っています。また、ネットワークおよびコンピュータの利用環境は、インフォメーションテクノロジーセンター(ITC)により運営されています。

メディアセンター(図書館)

メディアセンター(図書館)は、慶應義塾の教育・研究・医療をはじめとするさまざまな活動を支える重要な基盤として、大学における利用者の情報要求に応えるため多様なサービスを行っています。図書、雑誌等の国内屈指のコレクションに加え、多様な学術データベースや電子ジャーナルを揃え、必要な時に必要な情報を利用できる環境を整えています。またリモートアクセスやオンラインリクエストといった、館外からアクセス可能なサービスも充実させています。

慶應義塾のメインライブラリーであるとともに、三田キャンパスにおける人文・社会科学の研究教育活動を支えています。慶應義塾図書館(新館)、図書館旧館ならびに南館図書室があり、280万冊を超える蔵書と多くの電子資料へのアクセスを提供しています。

広々として木々に囲まれた図書館は、学部生向けの資料を豊富に揃えています。また、大学生活に欠かせない情報の探し方や使い方に関するセミナーを数多く実施しています。同時に日吉キャンパスの研究者や大学院の研究支援も行っています。

医学・看護医療ほか生命科学関連分野の専門図書館として最新の情報を提供し、国内有数のコレクションを維持しています。また、富士川文庫ほか貴重な古医書を所蔵し、日本の医学史を後世に伝える機能も果たしています。

国内有数の規模を誇る理工学分野の専門図書館です。その蔵書は学外の研究者にも広く公開しています。緑が広がる窓辺のラウンジ、静かなPCエリア、グループ学習室、試験期には24時間オープンする自習室など、学習環境も充実しています。

問題発見・問題解決型キャンパスの特色を反映し、実務的で領域横断的な特徴を持つ蔵書を活用した図書館サービスのほか、音響・撮影スタジオ等の施設、デジタルカメラや3Dプリンタ等のさまざまな機器の提供を通じ、学習・研究を支援しています。

薬学と医学・化学・生物学など関連分野の資料を幅広く収集しています。蔵書は卒業生にも活用され、薬剤師や専門研究者の継続学習に寄与しています。学習環境の整備にも取り組み、館内は勉強する学生の静かな熱気に満ちています。

情報環境(インフォメーションテクノロジーセンター(ITC))

慶應義塾では、教育・研究におけるコンピュータやネットワークの利用に先進的に取り組んでいます。10Gbpsを超える大容量のネットワークが整備されており、有線・無線での高速なネットワーク通信を利用できます。授業や自習などで使える高性能なPCが学内に3,000台以上設置されています。また、授業や研究で使われる高機能なソフトウェアを数多く利用することができ、一部のソフトウェアは個人のPCにインストールして利用することもできます。さらに、電子メールや電子ファイル共有、LMS(学習管理システム)、動画による学習コンテンツなどのITを活用した各種サービスを安全に利用することができます。

こうした慶應義塾の情報環境全般の整備・運営と、これらを利用するための支援を行う組織として各キャンパスに「インフォメーションテクノロジーセンター(ITC)」があります。ITサービスの詳細については下記のITCのWebサイトをご覧ください。

サイトマップの始まり

ナビゲーションの始まり