ヘッダーの始まり

慶應義塾大学は、創立者福澤諭吉の「実学の精神」を基盤とし、総合大学としての強みである分野横断的アプローチにより、教育・研究・医療を通じた社会へのさらなる貢献を目指しています。

3つの研究クラスター

  • 長寿クラスター豊かな長寿社会の実現

  • 安全クラスター安全で安心な社会の構築

  • 創造クラスター新たな価値の創造


現在世界が直面する重要課題は数多くありますが、先進国、中でも日本が真っ先に向き合わなければならない課題には、たとえば、少子高齢化や、経済、地域、日常生活に関するセキュリティ、新しい価値の創造をめぐる問題などが挙げられます。慶應義塾大学は、これらの課題解決に向けて、学際的な3つの研究クラスター、「長寿 Longevity」「安全 Security」「創造 Creativity」を軸とした分野横断的な研究を進めています。2014年度に採択された文部科学省スーパーグローバル大学創成支援事業では「実学(サイエンス)により地球社会の持続可能性を高める」を構想テーマに掲げ、各クラスターにおける国際共同研究や教育プログラム、学術交流などを通じて国際的に活躍できる人材の育成にも積極的に取り組んでいます。より良い未来を築くために、国際社会との連携を強化し、学際的かつ国際的な最先端の研究を推進することにより、グローバル社会の発展に貢献していきます。

慶應義塾大学におけるSDGs

持続可能な開発目標(SDGs, Sustainable Development Goals)とは、2015年9月の国連サミットで採択された17の国際目標(ゴール)です。2030年までに、発展途上国と先進国双方が持続可能でよりよい世界を目指すための普遍的な目標で、「地球上の誰一人取り残さない」を理念として掲げ、貧困、不平等、気候変動、環境問題、平和と繁栄、正義などに関する17の目標と、169のターゲットから構成されています。慶應義塾大学も、医学部と大学病院を有する教育・研究機関として、世界と地域社会に貢献する研究大学として、SDGsに関連するさまざまな取り組みを行っています。

グローバル・パートナーシップ

慶應義塾大学は、世界の300以上の大学・高等教育機関等と協定を締結し、学生交換、学術交流、研究連携を展開しています。グローバル社会でのリーダーに必要なスキルや専門性を磨く機会として、日本の大学では最多規模の32(2021年6月現在)の海外の大学とのダブルディグリープログラムを有しています。また、学内では、約1000の英語による授業を提供しています。さらに、世界経済フォーラム(ダボス会議)の世界学長会議(GULF)U7+AllianceAPRU(環太平洋大学協会)ASEAN+3UNetなどの大学コンソーシアムの一員として、海外の大学と連携し、世界や地域に貢献する大学として、積極的に活動しています。

Keio Hyperlapse Tour

Keio Hyperlapse Tour

サイトマップの始まり

ナビゲーションの始まり