ヘッダーの始まり

本文の始まり

慶應義塾の長い歴史の中で行われてきた、演説会や講演会などの取り組みについて紹介します。

  • 演説や討論という方法を日本に紹介したのは、福澤諭吉と初期の慶應義塾入門生でした。明治7年には三田演説会を組織し、以降、毎年春秋の2回、日本最初の演説会堂、三田演説館において、三田演説会を開催しています。

  • 小泉信三元塾長の没後10年を記念し、1976年、青少年の文章表現能力の向上に寄与することを目的として始まったコンテストです。

  • 慶應義塾では、5月15日を「福澤先生ウェーランド経済書講述記念日」として毎年記念講演会を開催しています。

関連コンテンツ

サイトマップの始まり

ナビゲーションの始まり