ヘッダーの始まり

本文の始まり

多様な留学生を受け入れ、将来、グローバル社会で
活躍する人材を育成します

現在慶應義塾大学には英語による授業(語学を除く)が800以上あり、また英語による学位課程も開設されています。英語による講義を通して留学生にとってより良い学習環境を提供するとともに、履修している日本人学生に国際的な教育環境を提供します。

※2017年5月現在

学部における学位取得可能なプログラム

経済学部
総合政策学部、環境情報学部

大学院における学位取得可能なプログラム

経済学研究科
商学研究科
医学研究科
理工学研究科
政策・メディア研究科
健康マネジメント研究科
システムデザイン・マネジメント研究科
メディアデザイン研究科
法務研究科

学部・研究科等による英語授業

  • GIC(Global Interdisciplinary Courses)は、2016年4月より開始した英語(またはその他の外国語)による授業を一定単位取得した学生に対して、修了証を与えるプログラムです。本プログラムは全ての学部学生が受講可能です。GIC科目にはコア科目(基礎的な科目)とリサーチ科目(専門的な科目)があります。2017年度は両者をあわせて、400を超える授業を開講します。修了証は卒業時までにコア科目とリサーチ科目の取得合計が40単位以上となった学生に授与されます。GICはおもに英語によるキャリア形成を目指す学生に効果的な学習機会を提供するプログラムです。4年間一貫して英語で学ぶプログラムであるPEARL(経済学部)やGIGA(総合政策学部・環境情報学部)、あるいは学部内に開設された専門課程の英語プログラム、PCP(経済学部)やGPP(商学部)との連携も視野に入れています。

  • 2005年度からPCPが学部3・ 4年生を対象に将来のキャリア形成に役立つ実践的な経済学教育を、少人数クラスで、かつ原則英語で提供しているプログラムです。

  • 2014年度から開始した、専門的な国際プログラムです。これまで培った商学部の強みを活かしながら、グローバル社会の中で企業や組織が直面する諸問題を発見し、これを乗り越えていく解決能力を養うことを目指します。GPPでは、原則として英語により授業を行います。2学期間GPPに参加し、コースワークを4科目8単位以上、ワークショップを2科目8単位以上取得した者には、商学部長よりプログラム修了の認証が与えられます。最短では3年次に授与されるため、就職活動に役立てることも可能です。さらに、いわゆるHonors Program (特に優秀な学生を対象としたプログラム)修了生としての実績があることで、国内外の大学院進学時にプラスに働くと考えられます。

  • 国際センターでは外国および日本の文化や社会、国際関係を理解するための英語による講座を開講しています。

関連コンテンツ

サイトマップの始まり

ナビゲーションの始まり