ヘッダーの始まり

本文の始まり

日本の大学の国際化を牽引する慶應義塾
教育・研究において、世界トップレベルの環境で
次代のリーダーを育てます

慶應義塾大学では、国際社会を先導する人材の育成を目指し、世界のトップレベルの大学とのダブルディグリープログラムを実施しています。ダブルディグリープログラムとは、慶應義塾大学と海外の協定校の両方で学び、修了時に二つの学位が取得できるプログラムです。

学部

大学院

※ダブルディグリープログラム数:32(2021年6月現在)

経済学部

  • パリ政治学院(Sciences Po)とのダブルディグリープログラム(フランス)

    2012年度に開設された4~5年間の学士課程プログラム。慶應義塾大学、パリ政治学院から両方の学士号(B.A.)が授与されます。

  • ボッコーニ大学とのダブルディグリープログラム(イタリア)

    2016年度に設置された学士課程プログラム。在学中に1年間ボッコーニ大学に留学することにより、慶應義塾大学、ボッコーニ大学から両方の学士号(B.A.)が授与されます。

商学部

  • エセック経済商科大学院大学とのダブルディグリープログラム(フランス)

    2017年度に開設された4年間の学士課程プログラム。在学中に1年間エセック経済商科大学院大学(フランス)に留学することにより、慶應義塾大学、エセック経済商科大学院大学から両方の学士号(B.A.)が授与されます。

  • 北京大学とのダブルディグリープログラム(中国)

    2020年度開設の5年間の学士課程プログラム。在学中に2年間北京大学(中国)に留学することにより、慶應義塾大学、北京大学から両方の学士号(B.A.)が授与されます。

経済学研究科

  • CEMS MIM (国際経営学修士)プログラム

    2011年に開設された修士課程プログラム。慶應義塾大学から修士号(経済学)、CEMSから国際経営学修士号が授与されます。

  • ブランダイス大学との修士ダブルディグリープログラム(アメリカ)

    2018年度に設置された修士課程プログラム。所定の要件を修めた慶應義塾大学大学院経済学研究科の学生が慶應義塾大学経済学修士号とブランダイス大学の修士号を取得できます。

社会学研究科

  • 南オーストラリア大学とのダブルディグリープログラム(オーストラリア)

    2015年度に設置された3年間の博士課程プログラム。慶應義塾大学・南オーストラリア両大学の教員から共同で指導を受け、論文審査に合格すると両方の博士学位(Ph.D)が授与されます。

商学研究科

  • CEMS MIM (国際経営学修士)プログラム

    2011年に開設された修士課程プログラム。慶應義塾大学から修士号(商学)、CEMSから国際経営学修士号が授与されます。

理工学部・理工学研究科

  • エコールサントラルグループ(リール、リヨン、マルセイユ、ナント、サントラルスペレック)とのダブルディグリープログラム(フランス)

    2005年に開設された、6年間と半年の学部修士一貫プログラム。慶應義塾大学から修士号(工学または理学)、エコールサントラルグループおよびサントラルスペレックから修士号(Diplôme d‘ Ingénieur)が授与されます。

  • ルーヴァン・カソリック大学とのダブルディグリープログラム(ベルギー)

    2014年に開設された3年間の修士課程プログラム。慶應義塾大学からは修士号(工学または理学)、ルーヴァン・カソリック大学から修士号(Master Ingénieur Civil)が授与されます。

  • ブリュッセル自由大学とのダブルディグリープログラム(ベルギー)

    2014年に開設された3年間の修士課程プログラム。慶應義塾大学から修士号(工学または理学)、ブリュッセル自由大学から修士号(Master Ingénieur Civil)が授与されます。

  • IÉSEG経営大学院とのダブルディグリープログラム(フランス)

    2020年度に開設された3年間の修士課程プログラム。慶應義塾大学から修士号(工学または理学)、IÉSEG経営大学院からは、Master in International Business and Technologyの学位が授与されます。

  • IMTとのダブルディグリープログラム(フランス)

    2013年から開設された3年間の修士課程プログラム。慶應義塾大学からは修士号(工学または理学)、IMTから修士号(Diplôme d‘ ingénieur)が授与されます。

    注:2017年1月にテレコムブルターニュとMines Nantesが合併し、IMTとなりました。

  • パリ国立高等鉱業学校(MINES ParisTech)とのダブルディグリープログラム(フランス)

    2011年に開設された3年間の修士課程プログラム。慶應義塾大学から修士号(工学または理学)、パリ国立高等鉱業学校から修士号(Master of Science in Engineering Programme)が授与されます。

  • ライプニッツ大学ハノーファーとのダブルディグリープログラム(ドイツ)

    2017年に開設された3年間の修士課程プログラム。慶應義塾大学から修士号(工学または理学)、ライプニッツ大学ハノーファーから修士号(Master of Science in Mechanical Engineering)が授与されます。

  • アーヘン工科大学とのダブルディグリープログラム(ドイツ)

    2012年に開設された3年間の修士課程プログラム。慶應義塾大学から修士号(工学または理学)、アーヘン工科大学から修士号 (Mechanical Engineering専攻の場合 Master of Science、Electrical Engineering and Information Technologyの場合 Master of Science in Electrical Engineering, Information Technology and Computer Engineering) が授与されます。

  • ミュンヘン工科大学とのダブルディグリープログラム(ドイツ)

    2011年に開設された3年間の修士課程プログラム。慶應義塾大学から修士号(理学)、ミュンヘン工科大学から修士号(Master of Science in "Applied and Engineering Physics")の学位が授与されます。

  • ミラノ工科大学とのダブルディグリープログラム(イタリア)

    2011年に開設された3年間の修士課程プログラム。慶應義塾大学から修士号(工学または理学)、ミラノ工科大学から修士号(Laurea Magistrale in Ingegneria)が授与されます。

  • マドリード工科大学とのダブルディグリープログラム(スペイン)

    2006年に開設された3年間の修士課程プログラム。慶應義塾大学から修士号(工学または理学)、マドリード工科大学から相当する修士号が授与されます。

  • スウェーデン王立工科大学とのダブルディグリープログラム(スウェーデン)

    2011年に開設された3年間の修士課程プログラム。慶應義塾大学から修士号(工学または理学)、スウェーデン王立工科大学から修士号(Master of Science in Engineering)が授与されます。

  • ルンド大学とのダブルディグリープログラム(スウェーデン)

    2010年に開設された3年間の修士課程プログラム。慶應義塾大学から修士号(工学または理学)、ルンド大学から修士号(Master of Science in Engineering)が授与されます。

関連コンテンツ

サイトマップの始まり

ナビゲーションの始まり