メインカラムの始まり

[プレスリリース]
<記者会見、キックオフ・シンポジウム開催のお知らせ(4月11日)>
慶應義塾大学と川崎市が殿町タウンキャンパスにおける連携協定を締結
同日「リサーチコンプレックス推進プログラム」のシンポジウムを開催

総合
2016/03/31  慶應義塾大学
川崎市

このたび、慶應義塾大学と川崎市は、慶應義塾大学殿町タウンキャンパス(2016年4月1日開設予定)における研究・教育活動の推進に関する連携協定を締結することになり、次のとおり、締結式と記者会見を行います。この殿町タウンキャンパスは、新川崎タウンキャンパスに続き、慶應義塾大学が川崎市に開設するタウンキャンパスで、各学部、大学院各研究科と密接に協力しながら、本大学の研究教育活動、産官学連携活動の促進を図り、殿町を拠点に展開される創造的研究、産業の育成、文化の振興などの活動に協力することを目的とするものです。

また、同日、キックオフ・シンポジウム「世界に誇る社会システムと技術の革新で新産業を創るWellbeing Research Campus “Tonomachi”」を行います。本シンポジウムは、国立研究開発法人科学技術振興機構「リサーチコンプレックス推進プログラム」(2015年11月川崎市殿町FS拠点)の中核機関である慶應義塾大学と、川崎市殿町地区キングスカイフロントに集積する多様な産・学・官の各機関が一体となって開催され、拠点を新たにし、プログラムの加速化を図るものです。
是非、ご出席くださいますようお願いいたします。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)