メインカラムの始まり

[プレスリリース]
悪性腫瘍の増殖と薬剤耐性に関わるタンパク質のユニークな構造を世界で初めて解明

研究医療
2016/03/22  慶應義塾大学医学部
国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)
国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)

慶應義塾大学医学部医化学教室の加部泰明講師と末松誠教授(当時。現AMED理事長)らの研究グループは、難治性がんを含む多くの悪性腫瘍で高発現している膜結合性ヘムタンパク質であるPGRMC1の構造を解明することで、がん細胞が増殖を活性化する仕組みと、抗がん剤に対する耐性を獲得するメカニズムを世界で初めて明らかにしました。

PGRMC1はがん細胞の増殖に関与すると考えられていましたが、その機能の詳細は不明でした。本研究グループは、X線結晶構造解析を行いPGRMC1の詳細な分子構造を解析することで、このタンパク質が持つ特異な構造と、がん細胞を悪化させる仕組みを解明しました。

現在、種々のがん増殖機能を標的とした抗がん剤の開発は急速に進んでいますが、PGPMC1に結合してその機能を阻害する化合物が見つかれば、抗がん剤の開発が大きく前進すると期待できます。

本研究は、京都大学、大阪大学、北海道大学、(公財)サントリー生命科学財団との共同研究により、JST戦略的創造研究推進事業として推進された後、AMED革新的先端研究開発支援事業に引き継がれて行われました。
本研究成果は、2016年3月18日(米国東部時間)に英国科学誌Nature Communicationsのオンライン速報版で公開されます。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)