メインカラムの始まり

[プレスリリース]
学校法人慶應義塾と独立行政法人医薬品医療機器総合機構が包括的連携協定を締結

研究医療
2016/03/11  学校法人慶應義塾
独立行政法人医薬品医療機器総合機構

学校法人慶應義塾(塾長:清家篤、東京都港区)と独立行政法人医薬品医療機器総合機構(理事長:近藤達也、東京都千代田区、以下PMDA)は、わが国のレギュラトリーサイエンスの振興に資することを目的として、2016年3月11日付で包括的連携協定を締結しました。

慶應義塾は、総合学塾として、教育、研究、医療、社会貢献、国際連携などの分野でさまざまな取り組みを行っており、特に医学部では基礎・臨床一体型医学・医療の実現に取組んでいます。また、薬学部では豊かな人間性と高い専門性をもつ、優れた薬剤師、薬学研究者の養成に取り組んでいます。PMDAは、医薬品、医療機器等の審査及び安全対策、並びに健康被害救済の三業務を行っており、これらの業務の基調となる科学、レギュラトリーサイエンスの推進を図ることでPMDAの業務の質の向上に努め、国民の健康・安全の向上に貢献すべく取り組んでいます。

このような背景の中、慶應義塾とPMDAはこれまでも人材交流を行っていましたが、本協定の締結により、より強力な連携・協力体制を構築し、共同研究の推進や人材育成を推進していきます。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)