メインカラムの始まり

[プレスリリース]
神経細胞が特定のタイプにのみ分化するメカニズムを解明

研究医療
2016/03/08  慶應義塾大学医学部

脳には多くのタイプの神経細胞が存在し、それぞれが異なる役割を分担して、機能しています。しかし、その分化のメカニズムの詳細はわかっていませんでした。慶應義塾大学医学部解剖学教室の大石康二講師(非常勤)、仲嶋一範教授らの研究チームは、大脳皮質の神経細胞が、特定のタイプの神経細胞のみに分化するメカニズムを明らかにしました。

神経系における情報処理の司令塔である大脳皮質では、情報の入力、処理、出力が行われます。これらは、大脳皮質に存在するさまざまなタイプの神経細胞にその役割が担われています。今回の研究では、大脳皮質外から情報を受け取る役割の神経細胞と、情報処理を行う役割の神経細胞について着目し、①これらが性質の似通った未成熟な細胞から分化すること、②それぞれの分化を促すプログラムが、もう一方の分化のプログラムを阻害することで、どちらか一方のみのタイプが効果的に選択され、分化していくことを見出しました。

現在、さまざまな疾患に対して、iPS 細胞などから作り出した、治療に必要な特定の細胞を移植して治療する細胞治療に期待が寄せられています。今回の研究結果は、その進展に大きく貢献するものと考えます。

本研究成果は、3月7日(米国東部時間)に米国総合学術雑誌「Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America」(米国科学アカデミー紀要)オンライン版に掲載されました。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)