メインカラムの始まり

[プレスリリース]
世界で初めて、一つの細胞質内での温度差を検出
-感度高く細胞内温度を測定する方法を開発-

研究
2016/03/02  慶應義塾大学

慶應義塾大学理工学研究科の谷本隆一(修士課程2年)と同理工学部生命情報学科 広井賀子専任講師らの研究チームは、量子ドットを用いて感度高く細胞内温度を測定する方法を開発し、この新手法で神経細胞の細胞体と呼ばれる丸い形の部分と、軸索と呼ばれる長い枝状の部分では温度差がある事を検出しました。同じ細胞内部でも膜で仕切られた異なる小器官ではなく、一つの細胞質内での温度差を検出した例は世界初となります。この温度差は、神経細胞の特徴的な形状に由来すると予測されています。細胞形状に依存した反応・拡散速度の違いなどの事例と並び、細胞の「形」がその内部で実現される生理機能に意味を持つ可能性が、この測定結果でもう一つ新たに加わりました。
なお、本研究成果は3月1日にScientific Reportsオンライン版に掲載されました。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)