メインカラムの始まり

[プレスリリース]
脳脊髄の髄鞘再生をMRIで可視化することに成功
-多発性硬化症や神経再生医療に新たな「眼」-

研究医療
2016/03/02  慶應義塾大学医学部
日本医療研究開発機構

慶應義塾大学医学部生理学教室(岡野栄之教授)、整形外科学教室(中村雅也教授)、内科学教室(神経)(鈴木則宏教授)、放射線科学教室(診断科)(陣崎雅弘教授)の合同研究チームは、MRIを用いて脳脊髄の髄鞘の再生を可視化することに成功しました。

本邦で約2万人が患う多発性硬化症は、脳脊髄の正常な機能に欠かせない髄鞘が崩壊と再生を繰り返す神経難病であることで知られていますが、既存の技術ではその再生を可視化することは困難でした。また、脊髄損傷に対するiPS細胞を用いた神経再生医療においても、髄鞘の再生が機能回復に重要ですが、髄鞘再生を患者の負担なく可視化する方法は確立しておらず、神経再生医療実現化の妨げになっていました。

今回、本研究チームが開発した新たなMRI撮影法(ミエリンマップ法)は、すでに多くの病院に設置されているMRIを用いて約10分程度の短時間で撮影可能であり、患者への負担は極めて低いものです。今後、多発性硬化症などの神経難病の診療や、脊髄損傷に対する神経再生医療の実現化に大きく寄与するものと期待されます。
本研究成果は、2016年3月2日(米国東部時間)に「The Journal of Neuroscience」オンライン版に掲載されます。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)