メインカラムの始まり

[プレスリリース]
遺伝性難聴発症のメカニズムの新しい理解
-サルを使った「霊長類特異的」内耳遺伝子発現パターンの発見-

研究医療
2016/02/26  慶應義塾大学医学部

慶應義塾大学医学部生理学教室(岡野栄之教授)、耳鼻咽喉科学教室(小川郁教授)の研究チームは、霊長類の一種であるコモンマーモセットを用いて、マウスやラットなどの齧歯類とは異なる「霊長類特異的」遺伝子発現パターンがあることを内耳において発見しました。

多くの遺伝性難聴では末梢聴覚器である内耳の発達や正常な状態を保つ機能に障害が起こり難聴になると考えられていますが、マウスを用いた実験では難聴を再現できない疾患も多く、病気の原因解明や治療法開発の妨げになっていました。今回、内耳で強く難聴の発現があるとされる20の遺伝子をコモンマーモセットの内耳で検討したところ、マウスで難聴が再現できない5つの遺伝子でマウスとマーモセットの発現パターンに大きな違いがあることを発見しました。

今回の発見は、霊長類でコモンマーモセットを用いた霊長類研究の重要性を示すだけでなく、研究手法がなかった遺伝性難聴における難聴メカニズムの解明および治療法の開発に大きく寄与するものと期待されます。
本研究成果は、2016年 2月26日に「Scientific Reports」オンライン版に掲載されます。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)