メインカラムの始まり

[プレスリリース]
脳の神経細胞は、置かれた場所の環境によって別の種類の神経細胞に変わってしまうことを発見

研究医療
2016/02/23  慶應義塾大学医学部

慶應義塾大学医学部解剖学教室の大石康二講師(非常勤)、仲嶋一範教授らの研究チームは、マウスの子宮内胎児の大脳皮質の神経細胞を、人為的に本来と異なる場所に配置させると、神経細胞としての最終運命が変化し、本来の形や性質が異なる別の種類の神経細胞に変化することを見出しました。

複雑な機械製品が多数の部品から作られるように、脳の高次機能を担う大脳皮質は、異なった形や性質を持つ様々な種類の神経細胞から構成されています。これまで、これらの神経細胞の最終的な形や性質は、胎生期にそれらの細胞が生まれる時に既に運命付けされて決まっていると考えられてきました。しかし、今回の成果によって、神経細胞の種類が細胞誕生時に完全に決まっているのではなく、配置された場所の環境に応じて変化しうることが明らかになりました。

現在、さまざまな疾患に対して、iPS細胞などから分化させた細胞を移植して治療する、細胞治療が注目されています。今回の研究結果から、神経細胞はその種類によっては環境に応じて適切に分化しうる可能性を秘めていることが分かり、今後の細胞治療の開発につながることが期待されます。

本研究成果は、2016年2月12日に「eLIFE」オンライン版に掲載されました。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)