メインカラムの始まり

[プレスリリース]
慶應義塾初の留学生・日本人学生混住ユニット型「慶應義塾大学日吉国際学生寮(仮称)」を新設

教育
2016/02/08  慶應義塾大学

慶應義塾大学は2006年度以降、段階的に国際学生寮を整備してきましたが、このたび、新たに国際学生寮「慶應義塾大学日吉国際学生寮(仮称)」(以下、日吉国際学生寮)の開設を決定しました。これにより、2017年3月には本学が提供する留学生用学生寮は8件となります。

日吉国際学生寮は、留学生と日本人学生が共に暮らす混住型の寮として2017年3月に開設予定で、本学の学生寮としては初のユニット形式を採用します。

慶應義塾大学は2014年、文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援」事業に、世界レベルの教育研究を行うトップ大学(タイプA)として採択され、現在に至るまで、留学生の受入れや学生の国際交流活動を積極的に推進しています。世界各国から集まる留学生と全国各地から集まる日本人学生が共に暮らし、日常的に学び合い、交流し、多様な国際感覚を磨くことのできる混住型学生寮の増設は、未来のグローバルリーダーの育成に資する重要な取り組みと位置づけています。

今後も、国内外からの優秀な学生を受入れ、さらなるグローバル化を推進すべく、国際学生寮を計画的に整備、拡充していく予定です。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)