メインカラムの始まり

[プレスリリース]
金星極域の高温の生成・維持メカニズムを理論的に解明

研究
2016/02/01  国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構
慶應義塾大学
京都産業大学

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)の安藤紘基宇宙航空プロジェクト研究員および慶應義塾大学の杉本憲彦准教授らによる研究チームは、大規模なコンピュータシミュレーションから、金星の極域上空の大気に生じている特異な気温分布を世界で初めて再現し、その生成・維持メカニズムを理論的に解明することに成功しました。

1970年代の金星探査ミッションによって、金星の極域上空の大気で、気温が高い領域を冷たい領域が囲っているという不思議な気温分布が明らかになりました。どのようにしてこの気温分布が生じ、長期間維持されるのか、そのメカニズムは現在まで解明されていません。
このたび、研究チームは、数値シミュレーションによる研究から、次のメカニズムで金星極域に高温領域が生成されることを明らかにしました。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)