メインカラムの始まり

[プレスリリース]
ヒトiPS細胞由来の神経幹細胞の凍結保存法を確立
-脊髄損傷に対するiPS細胞由来神経幹細胞移植の臨床応用に向けて一歩前進-

研究医療
2016/01/25  慶應義塾大学医学部

慶應義塾大学医学部生理学教室(岡野栄之教授)と同整形外科学教室(中村雅也教授)は、株式会社アビー、日本ユニシス株式会社との共同研究により、ヒトiPS細胞由来の神経幹細胞の安全かつ効率的な凍結保存技術を開発し、従来の緩慢凍結法と比較し、凍結融解後の細胞生存率を向上させることに成功しました。

患者さん自身の細胞からiPS細胞を樹立し、現行の培養法で神経幹細胞へ誘導して移植する自家移植では、脊髄損傷に対する最適な細胞移植時期に細胞の生成が間に合いません。そこで本研究チームは、京都大学iPS細胞研究所のiPS細胞バンク構想に基づいた他家移植を計画しています。これを実現するためには、iPS細胞バンクから譲渡を受けたiPS細胞を神経幹細胞へ誘導し、凍結保存しておく必要があり、細胞生存率の高い保存方法が求められていました。

本研究成果は、2016年1月22日に「Neuroscience Research」オンライン版に公開されます。
プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)