メインカラムの始まり

[プレスリリース]
間葉系幹細胞(MSC)が免疫性線維化の原因であることを発見
-骨髄移植による重篤な合併症、GVHDの予防法につながる成果-

研究医療
2016/01/26  慶應義塾大学医学部

慶應義塾大学医学部眼科学教室(坪田一男教授)と同生理学教室(岡野栄之教授)は、自己免疫疾患モデルマウスを用いて、自己免疫疾患によって生じる強皮症などの線維化疾患の病態を引き起こす細胞源が、骨髄に存在する間葉系幹細胞(以下MSC)であることを発見しました。

骨髄幹細胞には造血幹細胞とMSCがあります。今まで、骨髄移植の合併症による自己免疫疾患のような病態は、ドナーの造血幹細胞から分化したT細胞やマクロファージによって引き起こされると考えられてきましたが、本研究では、ドナー(移植元マウス)の造血幹細胞ではなくMSCが、移植後にレシピエント(移植先マウス)のT細胞を自分の細胞に対して過って反応するように変化させ、自己免疫疾患のような病態を引き起こすことをつきとめました。

骨髄移植は、血液悪性疾患に対する根治療法として広く行われていますが、骨髄移植の重篤な合併症である移植片対宿主病(GVHD)の予防法は無く、治療に対する大きなリスクとなっていました。本研究の成果によって、線維化をきたすさまざまな自己免疫疾患の病態解明と新規治療法の開発につながるとともに、GVHDの予防法を開発できる可能性も考えられます。

本研究成果は2016年1月26日に「eLife」オンライン版に公開されます。
プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)