メインカラムの始まり

[プレスリリース]
文学部創設125年記念企画展 「氷期に生きた北の狩人」
—慶應旧石器時代研究88年の歩み—

総合研究
2015/12/24  慶應義塾大学

慶應義塾大学文学部民族学考古学研究室は、創設125年記念企画展として「氷期に生きた北の狩人—慶應旧石器時代研究88年の歩み—」を2016年1月8日(金)から2月6日(土)の期間で開催します。
1980年代からの東北地方での発掘調査によって収集した旧石器時代資料約9万点のうち、特に学術的に価値の高い優品を展示します。また、近年新たに発見された、慶應義塾大学における旧石器時代研究の黎明期を良く示す大山柏や相澤忠洋の関連資料もあわせて展示し、88年間の旧石器時代研究の歩みを紹介します。
企画展初日の1月8日(金)9:00~10:00に、民族学考古学研究室所属の担当者が個別に取材対応を行います。
つきましては、イベント欄へのご掲載およびご取材のほどお願い申し上げます。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)