メインカラムの始まり

[プレスリリース]
細胞増殖因子を用いた効率的な心筋様細胞の直接作製法を開発
-心臓再生研究を画期的に前進させることを期待-

研究医療
2015/11/26  慶應義塾大学医学部

慶應義塾大学医学部内科学教室(循環器)の家田真樹専任講師、山川裕之共同研究員らは、マウスの線維芽細胞に心筋誘導遺伝子と細胞増殖因子を添加することで、iPS細胞を経ずに効率的に心筋様細胞を直接作製できることを、世界で初めて発見しました。

これまでも、マウスおよびヒト線維芽細胞から心筋様細胞を直接作製できることは報告されていましたが、作製効率が低く、ウシ血清を用いることによる病原性のリスクや、3つ以上の外来遺伝子の導入が必要など、安全面に課題がありました。

本研究では3つの心筋誘導遺伝子を導入したマウス線維芽細胞を、線維芽細胞増殖因子であるFGF2とFGF10、血管内皮細胞増殖因子であるVEGFを添加した無血清の細胞培養液を用いて心筋誘導することで、従来のウシ血清を用いた方法と比べて約50倍の効率で心筋様細胞を作成することが可能になりました。またこの細胞増殖因子を用いることで、心筋誘導に必要な外来遺伝子を2つに減らすことに成功し、その分子メカニズムも明らかにしました。安全性が向上し、かつ高効率に心筋を直接作製する技術を確立できたことで、今後、心臓再生研究を画期的に前進させることが期待されます。

本研究成果は、米国科学雑誌「Stem Cell Reports」オンライン速報版で、2015年11月25日(米国東部時間)に公開されます。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)