メインカラムの始まり

[プレスリリース]
ES/iPS細胞から神経細胞を「作り分ける」新技術を開発
- iPS 細胞による神経難病研究の精度の向上-

研究医療
2015/11/06  慶應義塾大学医学部

慶應義塾大学医学部生理学教室の岡野栄之教授・今泉研人(医学部学生(5年))、順天堂大学大学院医学研究科ゲノム・再生医療センターの赤松和土特任教授らの共同研究グループは、ヒトES/iPS細胞から脳・脊髄にある任意の神経細胞を作製することができる新たな技術を開発しました。

さらにこの技術を用いて、アルツハイマー病と筋萎縮性側索硬化症(ALS)において脳・脊髄の特定の部位の神経細胞で生じる症状を、患者iPS細胞から作製した神経細胞で再現することに成功しました。

近年、ヒトiPS細胞を用いたアルツハイマー病やALSなどの神経難病の新たな治療法開発が試みられていますが、多くの神経難病は脳・脊髄の特定の部位のみが障害され、他の部位では症状が再現されにくいため、ヒトiPS細胞を用いた研究では病変となる部位の細胞を効率よく作製する技術が必要でした。しかし、これまでに用いられてきた作製方法は脳の部位ごとにさまざまであり、異なる部位での症状の比較などが難しいのが現状でした。

本研究の応用によって、神経難病の症状をより正確に試験管内で再現することが可能になり、これまで困難であった神経難病のiPS細胞を用いた研究の精度が大きく向上し、新たな診断・治療方法の開発に貢献することが期待されます。

本研究成果は、2015年11月5日(米国東部時間)に「Stem Cell Reports」オンライン版に公開されます。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)