メインカラムの始まり

[プレスリリース]
世界初、リプログラミング療法の臨床試験に成功
—前立腺がんの進行に対する新たな治療法に—

研究医療
2015/10/29  慶應義塾大学医学部

慶應義塾大学医学部泌尿器科学教室の大家基嗣教授と小坂威雄専任講師らの研究グループは、世界で初めて進行性の前立腺がん患者に対し、抗肝炎ウイルス薬リバビリンによるリプログラミング療法(抗がん剤の効かなくなったがんに再び抗がん剤が効くよう巻き戻す)を用いた臨床試験を施行し、成功しました。抗がん剤ドセタキセルを用いた治療は、現在、日本も含め世界における進行性の前立腺がんに対する標準治療ですが、ドセタキセル療法が効かなくなった患者に対する有効な治療はなかったため、今後の新たな治療法の一つとなることが期待されます。

今後、薬事申請・実地臨床導入に向けて、2014年9月から新規に「橋渡し研究加速ネットワークプログラム橋渡し研究支援拠点」に認定された慶應義塾大学の大学病院において、医師主導型治験が2016年3月を目処に開始される予定です。

本研究成果は、2015年10月29日から京都市で開催される第53回日本癌治療学会学術集会において発表されます。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)