メインカラムの始まり

[プレスリリース]
高脂血症治療薬スタチンが急性腎障害を軽減するメカニズムを解明
-iPS細胞の誘導因子KLF4の新たな作用を発見-

研究医療
2015/10/16  慶應義塾大学医学部

急性腎障害は、敗血症や心血管手術後などに頻繁に生じる合併症です。疫学調査では、病院の集中治療室の入院患者においては10%以上に急性腎障害が認められ、その生存率はほぼ50%と報告されています。しかしながら現在のところ、急性腎障害に対する有効な治療薬は確立していません。

今回、慶應義塾大学医学部血液浄化・透析センターの林松彦教授、吉田理専任講師らは、高脂血症治療薬のスタチンが急性腎障害を軽減すること、さらにスタチンの効果は転写因子KLF4が作用していることをマウスモデルを用いて解明しました。KLF4は再生医療に用いられるiPS細胞の作製に必要な4因子のうちの1つですが、今回その新たな役割を明らかにしました。

今後、ヒトにおいて急性腎障害に対するスタチンの有効性を検証していくことが期待されます。また、KLF4が腎障害を抑制することが明らかになったことで、KLF4を標的とした新たな治療薬の開発も期待されます。

本研究成果は、2015年10月15日(米国東部時間)に米国腎臓学会雑誌「Journal of the American Society of Nephrology」オンライン版に掲載されます。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)