メインカラムの始まり

[プレスリリース]
リンパ腫やアレルギー性接触皮膚炎に関係する皮膚リンパ球の制御メカニズムを解明

研究医療
2015/10/20  慶應義塾大学医学部

皮膚には普段から多くの免疫細胞がスタンバイし、外敵の侵入等に備えています。特にT細胞と呼ばれるリンパ球は、血中よりも皮膚の方が2倍多く存在しています。一方で、皮膚のリンパ球は様々な皮膚疾患に関連し、特に皮膚のリンパ腫やアレルギー性皮膚疾患の患者皮膚にはリンパ球が通常よりも多数存在していることが古くから知られています。しかし、リンパ球がどのように皮膚で生存し続けられるのか、その基本的なメカニズムは現在まで解明されていませんでした。

この度、慶應義塾大学医学部皮膚科学教室と米国 National Institutes of Health の永尾圭介博士(元慶應義塾大学医学部専任講師)との研究グループは、毛を作る組織である毛嚢の細胞がサイトカインの一種であるインターロイキン7(IL-7)、インターロイキン15(IL-15)と呼ばれるタンパク質を産生し皮膚のT細胞の生存を制御していること、さらにT細胞が悪性化してリンパ腫細胞となった後でも毛囊由来のIL-7に依存し続けることをマウスを用いて解明し、実際に皮膚リンパ腫の患者皮膚でも、IL-7およびその受容体が発現し、マウスと同じメカニズムが働いている事が示唆されました。これらの知見は、皮膚の免疫システムの制御における重要なメカニズムを解明しただけでなく、皮膚リンパ腫やT細胞によって引き起こされる皮膚疾患の新たな治療開発につながることが期待されます。
本研究成果は2015年10月19日(米国東部時間)に米国科学雑誌「Nature Medicine」電子版で発表されます。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)