メインカラムの始まり

[プレスリリース]
医師国家試験問題を解答する人工知能プログラムを開発
~医療情報のビッグデータを活用した診療支援システムの実用化に期待~

研究医療
2015/09/16  慶應義塾

慶應義塾大学理工学部の榊原康文教授と医学部の研究グループは、静岡大学情報学部の狩野研究室等と共同で、医師国家試験を一部自動解答する人工知能プログラムを日本で初めて開発しました。電子カルテに代表される医療情報のビッグデータ化に対して、人工知能を応用する技術の開発は近年非常に注目されており、今回の自動解答プログラムの成果は、膨大な医療データをもとに医師の診療を支援するシステムの開発など、医学・医療を飛躍的に発展させる分野として期待されています。

本研究成果は、2015年9月16日から愛媛県で開催された情報科学技術フォーラムFIT2015で発表されました。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)