メインカラムの始まり

[プレスリリース]
胎児期の脳神経細胞移動の異常が精神神経症状を引き起こすメカニズムを解明
-精神疾患や発達障害の病態解明と治療法開発に期待-

研究医療
2015/09/10  慶應義塾大学医学部

脳が作られる胎児期には、脳の深部で膨大な数の神経細胞が産生され、それぞれ決まった場所へと移動します。ヒトの場合、神経細胞の移動過程に障害が起き、本来とは異なる場所に神経細胞が配置されてしまうと、その後にてんかんや知的能力障害に加え、様々な精神疾患や発達障害の症状を伴うことが報告されています。しかし、何故そのような症状が生じるのか、その理由は分かっていませんでした。

今回、慶應義塾大学医学部解剖学教室の仲嶋一範教授、石井一裕博士(元助教)、久保健一郎専任講師らは、マウスの脳が形成される際に神経細胞の移動が障害されて、本来とは異なる場所に神経細胞が配置されてしまうと、生まれて成熟期になっても障害部位から遠く離れた脳領域の活動に影響が及び、その結果として認知機能障害や行動異常が引き起こされることを解明しました。

本研究が、脳の形成過程の異常によって、精神疾患や発達障害の症状を引き起こす可能性を明らかにしたことで、精神疾患や発達障害の病態解明や治療法開発につながることが期待されます。

本研究成果は、2015年9月9日(米国東部時間)に米国神経科学雑誌「The Journal of Neuroscience」オンライン版及び冊子版に掲載されます。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)