メインカラムの始まり

[プレスリリース]
胎生期における脳の形成メカニズムの一端を解明-精神神経疾患の病態解明に期待-

研究医療
2015/08/25  慶應義塾大学医学部

脳内の神経細胞には、基本回路を作る興奮性神経細胞と、それらの活動を調節する抑制性神経細胞の2種類があり、それらが脳内でバランス良く配置され、互いにネットワークを形成することで脳は正しく機能しています。
今回、慶應義塾大学医学部解剖学教室の仲嶋一範教授らの研究チームは、マウスの子宮内胎児の脳で次々に誕生する抑制性神経細胞に遺伝子を導入して光らせることにより、脳深部で生まれた神経細胞が脳内でどのように移動し、脳を形成するかを明らかにしました。さらに、大脳皮質と扁桃体という、役割が大きく異なる二つの脳領域の発生において、移動する神経細胞の目的地選択が、特定の分子経路によるスイッチによって制御されていることを発見しました。
現在、興奮性神経細胞と抑制性神経細胞のバランス異常が、統合失調症、自閉症、てんかん等の精神神経疾患と関連している可能性が注目されています。今回の成果を足がかりに、様々な精神神経疾患の原因究明につながることが期待されます。
本研究成果は、今週中に米国総合学術雑誌「Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America」(米国科学アカデミー紀要)オンライン版に掲載されます。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)