メインカラムの始まり

[プレスリリース]
百寿者の秘訣:健康寿命を延ばす二つの要因を発見
-1,554 名を対象とする大規模高齢者コホート研究-

研究医療
2015/08/04  慶應義塾大学医学部

慶應義塾大学医学部百寿総合研究センターの新井康通専任講師、広瀬信義特別招聘教授と、英国のニューカッスル大学のThomas von Zglinicki(トーマス・グリニツキー)教授を中心とする研究チームは、百寿者(100歳以上)、超百寿者(105歳以上)、スーパーセンチナリアン(110歳以上)とその家族、および85-99歳の高齢者からなる大規模高齢者コホート研究を実施し、テロメア長および炎症が長寿のメカニズムに関連していることを明らかにしました。
本研究成果は、2015年7月30日にCell誌とLancet誌がサポートする新しいオープン・アクセス雑誌「EBioMedicine」に掲載されました。DOI (doi:10.1016/j.ebiom.2015.07.029)外部サイトへのリンク

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)