メインカラムの始まり

[プレスリリース]
腸内細菌が免疫調節たんぱく質と免疫制御細胞を誘導し腸管免疫の恒常性を保つしくみを解明
-腸炎やアレルギーを抑制できる可能性-

研究医療
2015/07/01  慶應義塾大学医学部
科学技術振興機構(JST)

慶應義塾大学医学部微生物学・免疫学教室の研究グループ(吉村昭彦教授ら)は、同内科学教室(消化器)の金井隆典教授らとの共同研究により、腸内の細菌叢を改善するプロバイオティクスであるクロストリジウム属細菌の菌体成分ペプチドグリカンが、免疫調節たんぱく質と免疫制御細胞を誘導し、腸炎を抑えるしくみを解明しました。
本研究グループは、クロストリジウム・ブチリカムMIYAIRI588株(以下、本クロストリジウム菌株)を餌に混ぜてマウスに投与し、免疫の制御に重要な制御性T細胞(Tレグ)が増加し腸炎が抑制されることに着目しました。制御性T細胞の増加の仕組みを詳細に解析したところ、本クロストリジウム菌株の細胞壁のペプチドグリカンが、免疫細胞の一種である樹状細胞を刺激し、その結果、トランスフォーミング増殖因子-β(TGF-β)と呼ばれる免疫を抑えるたんぱく質の分泌が促進されることを突き止めました。
さらに、これまで明らかにされていなかったマウス腸管樹状細胞の染色体レベルでのTGF-βの産生メカニズム(エピゲノム制御)も解明し、より効率よくTレグを誘導する方法を明らかにしました。
今後、潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患やアレルギーに対して効果的で安全性が高い治療法の開発が期待されます。
本研究成果は2015年6月30日(米国東部時間)に米国科学雑誌「Immunity」オンライン版で公開されます。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)