メインカラムの始まり

[プレスリリース]
脂質異常症治療薬スタチンが卵巣癌に奏効-卵巣癌に対する抑制薬として期待-

研究医療
2015/06/25  慶應義塾大学医学部

慶應義塾大学医学部産婦人科学教室の小林佑介特任助教と米国Johns Hopkins大学医学部病理学教室のTian-Li Wang准教授、Ie-Ming Shih教授らの研究グループは、脂質異常症の治療薬として使用されているスタチン製剤が卵巣癌の発生や進行を抑制する効果があることを動物実験で明らかにしました。

卵巣癌の罹患数は日本も含めて全世界的に増加傾向にありますが、発見時には進行していることが多いため予後は厳しく、卵巣癌の発生や進行を抑える薬が望まれていました。今回本研究グループは、卵巣癌が自然に発生するマウスや、ヒトの卵巣癌細胞を移植したマウスを作成し、スタチン製剤を経口投与することで卵巣癌の発生や進行が抑制されることを解明しました。本研究成果によって、世界中で汎用されているスタチン製剤が将来的には卵巣癌の抑制薬として用いられる可能性があります。

本研究成果は、2015年6月24日(米国東部時間)に米国科学雑誌「Clinical Cancer Research」オンライン版で公開されました。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)