メインカラムの始まり

[プレスリリース]
慶應義塾大学文学部創設125年記念事業「第1回井筒俊彦学術賞」受賞作の発表

総合研究
2015/06/19  慶應義塾大学

慶應義塾大学文学部は、2015年に文学部創設125年を迎えるにあたり、研究奨励賞「井筒俊彦学術賞」を新設し、このたび第1回受賞作を決定しました。言語学者・イスラム研究者として名高い井筒俊彦(1914-1993)は、本学文学部の研究と教育を力強く進展させ、世界と日本の学術界に輝かしい業績を残しています。井筒の真摯な研究の足跡と教育への情熱は文学部の誇りであり、多くの学徒を励まし続ける光となっています。その伝統の継承と慶應義塾に連なる新進気鋭の研究者の活躍を期待して今回の学術賞が設けられました。
授賞式は、6月20日(土)に開催される文学部125年記念講演会の後に行われます。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)