メインカラムの始まり

[プレスリリース]
「福澤諭吉と資本主義-『実業論』以降の経済思想を中心として-」
小室 正紀(慶應義塾大学名誉教授)
第700回三田演説会 7/3開催

総合
2015/06/15  慶應義塾

慶應義塾で1874(明治7)年に始まった三田演説会は、このたび700回を迎えます。その記念すべき第700回三田演説会を7月3日(金)に開催し、「福澤諭吉と資本主義-『実業論』以降の経済思想を中心として-」と題して小室正紀名誉教授が講演します。

明治20年代中頃より、日本は資本主義体制に入り始めましたが、それに伴い貧富の格差、労働、経済人の倫理観などの新たな問題が生じていました。本講演では、この時代に文明論の思想家福澤が、資本主義に対して抱いた同感と違和感について論じます。
つきましては、本演説会のイベント欄へのご掲載、およびご取材をよろしくお願いいたします。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)