メインカラムの始まり

[プレスリリース]
脳梗塞後の炎症が悪化するメカニズムを解明
-白血病治療薬が脳梗塞の治療にも使える可能性-

研究医療
2015/06/10  科学技術振興機構(JST)
慶應義塾大学医学部

ポイント
・脳梗塞後の神経症状が悪化する原因となる炎症を抑える薬剤の開発が期待されている。
・炎症性サイトカインを生み出す「インフラマソーム」を標的とする薬剤を発見した。
・海外で使用されている白血病治療薬が脳梗塞の新規治療法にもなり得ることを示した。

JST戦略的創造研究推進事業において、慶應義塾大学医学部の七田崇専任講師、森田林平専任講師らは、脳梗塞後に起こる炎症が悪化する新たなメカニズムを発見しました。さらに、すでに白血病治療に使われている薬剤にこのメカニズムを抑える効果があることを確認し、脳梗塞における新たな治療薬にもなる可能性を明らかにしました。

超高齢化社会を迎えた日本において、脳梗塞は主な死因や寝たきりの原因になっています。しかし脳梗塞に有効な治療法はまだ限られており、手足のまひや言語障害など神経症状を改善させる新たな治療薬の開発が望まれています。本研究グループは、脳梗塞後の脳組織では炎症反応が起きて脳梗塞領域が拡大し、神経症状を悪化させることを明らかにしてきました。この炎症を起こす重要なサイトカインであるインターロイキン1β(IL-1β)の産生には、インフラマソームと呼ばれる巨大なたんぱく質複合体の活性化が必須であり、インフラマソームを制御する新たな治療薬の開発が期待されていました。

本研究グループは、インフラマソームの活性化をブルトン型チロシンキナーゼ(BTK)という酵素が促進し、脳梗塞における炎症を悪化させていることを発見しました。BTKの作用を阻害するイブルチニブという薬剤を脳梗塞モデルマウスに投与することにより、脳梗塞領域の拡大を抑制して運動機能が改善されることを証明しました。

本研究成果は、炎症の制御が新たな脳梗塞治療法につながることを明らかにしました。イブルチニブはすでに海外で慢性リンパ性白血病の治療薬として用いられていますが、今後は脳梗塞治療にも役立つことが期待されます。

本研究成果は、2015年6月10日(英国時間)に英国科学誌「Nature Communications」のオンライン速報版で公開されます。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)