メインカラムの始まり

[プレスリリース]
認知症の社会的費用を推計
-認知症患者や家族の生活の質の向上のため最適な解決の手がかりに-

研究医療
2015/05/29  慶應義塾大学医学部

慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室の佐渡充洋助教と厚生労働科学研究の共同研究グループは、認知症の社会的費用を推計し、年間約14.5 兆円(医療費:1.9兆円、介護費:6.4兆円、インフォーマルケアコスト:6.2兆円)に上る可能性があることを明らかにし、認知症施策立案の基礎データを提示しました。
本研究成果は、厚生労働科学研究の報告書にまとめ、2015年5月29日に厚生労働省に提出されます。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)