メインカラムの始まり

[プレスリリース]
修正大血管転位症に対する大動脈移転術と心房内血流転換術による完全ダブルスイッチ手術に国内で初めて成功

研究医療
2015/04/27  慶應義塾大学医学部

慶應義塾大学病院において、修正大血管転位症の12歳女児に対して、大動脈移転術と心房内血流転換術の組み合わせによる完全ダブルスイッチ手術が2014年11月28日、国内で初めて施行され、女児は先日、軽快退院しました。
従来の術式はいずれも、数十年後に心不全などにより亡くなったり、生活の質が悪化したりすることが多かったのですが、今回の術式は非常に複雑で技術的難度が高い手術である反面、正常の心臓に匹敵する機能が得られ、生涯にわたり運動能力が高く保て、将来の妊娠出産も可能になることが期待できます。
この術式の報告は国内では初で、国外においても数例に限られています。今後は、この術式が日本でも魅力的な選択肢として位置づけられることが期待されます。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)