メインカラムの始まり

[プレスリリース]
世界初、糖代謝による神経伝達物質D-セリンの制御機構を解明
-精神・神経疾患の病態解明に繋がる可能性-

研究医療
2015/04/21  慶應義塾大学医学部

慶應義塾大学医学部解剖学教室の鈴木将貴特任助教(有期)と相磯貞和教授らの研究グループは、神経伝達を調節するアミノ酸の一種であるD-セリンの新たな制御メカニズムを明らかにしました。
脳の中では、大脳皮質や海馬という場所が、記憶の形成や感情の変化に関係しています。これらの場所にある神経細胞では、D-セリンやL-グルタミン酸などの神経伝達物質がNMDA型グルタミン酸受容体と結合することで興奮が伝えられていますが、この調節には神経細胞の周囲にあるアストロサイトの働きが重要であり、この調節に異常をきたすと、統合失調症などの精神疾患や、筋萎縮性側索硬化症(ALS)・アルツハイマー病などの神経変性疾患を引き起こすと考えられています。また、アストロサイトは糖を代謝することで、神経細胞に多くの栄養を供給していることが知られています。
今回、本研究グループは、アストロサイトが糖を代謝する際に必要な酵素セリンラセマーゼ(SRR)とグリセルアルデヒド-3-リン酸デヒドロゲナーゼ(GAPDH)が、神経伝達に重要なD-セリンの合成も調節していることを、世界で初めて発見しました。さらに、海馬の一部である海馬支脚においてこの酵素が多く見られることから、海馬支脚にあるアストロサイトが糖代謝を利用し、記憶や感情に関与する大脳皮質や海馬の神経機能を制御している可能性を見出しました。本研究成果によって、将来的には精神・神経疾患の病態解明や治療開発にも繋がる可能性があります。
本研究成果は、2015年4月13日(米国東部時間)に米国科学雑誌「Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America」オンライン版で公開されました。
プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)