メインカラムの始まり

[プレスリリース]
摘出臓器の生体外長期保存・機能蘇生技術を開発
-従来移植不適用な阻血状態ドナー臓器の利用拡大へ-

研究医療
2015/04/22  理化学研究所
(株)オーガンテクノロジーズ
慶應義塾大学医学部

理化学研究所(理研)多細胞システム形成研究センター器官誘導研究チームの辻孝チームリーダー、株式会社オーガンテクノロジーズの手塚克成研究開発部長、慶應義塾大学医学部の小林英司特任教授らの共同研究グループは、生体外においてラットから摘出した臓器の長期保存と臓器の機能を蘇生する技術を開発しました。

機能不全に陥った臓器の抜本的な治療として臓器移植治療が行われています。現在の臓器移植では、ドナー臓器を臓器保存液に浸して低温で保存する方法が一般的です。しかし、低温保存によって臓器の鮮度を保てる時間は限られています。世界的なドナー臓器不足のため、心停止ドナーからの臓器の利用拡大が求められており、なかでも長時間の阻血(そけつ)状態で移植不適応になったドナー臓器を蘇生し、臓器移植への利用を可能にする技術の開発に期待が寄せられています。

共同研究グループは、生体の血液循環を再現できる臓器灌流(かんりゅう)培養システムを開発しました。このシステムを利用して、ラットから摘出した肝臓を、22℃の温度域で、酸素運搬体として赤血球を添加した培養液を用いて灌流培養した結果、48時間にわたって肝障害を抑制できました。

また、摘出した肝臓を24時間灌流培養した後にレシピエント(臓器提供を受ける動物)であるラットに移植したところ生存率は100%となり、低温保存による肝臓を移植した場合の生存率と比較して飛躍的に向上しました。さらに、機能不全となった臓器の蘇生にも成功しました。臓器内のATP(アデノシン三リン酸)量を可視化できるラット肝臓を使って、90分間の温阻血(心停止)により移植が不適応となった肝臓を、本システムで灌流培養した後にレシピエントに移植しました。その結果、レシピエントを生存させることができたことから、機能不全の臓器の蘇生を確認しました。

今回の研究成果を進展させることで、現在の移植医療の課題を解決し、そのレベルをさらに向上できる可能性を示しました。また、未来の再生医療である再生臓器育成機器の開発にもつながると期待できます。

本研究成果は英国のオンライン科学雑誌『Scientific Reports』(4月22日付け:日本時間4月22日)に掲載されます。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)