メインカラムの始まり

[プレスリリース]
慶應義塾大学医学部とサントリーグローバルイノベーションセンター(株)の
共同研究プロジェクト「生命をめぐる水」を開始

研究医療
2015/03/31  慶應義塾大学医学部
サントリーグローバルイノベーションセンター株式会社

学校法人慶應義塾(東京都港区、塾長:清家篤)とサントリーグローバルイノベーションセンター株式会社(本社:東京都港区、社長:有代雅人)は、生体内の水循環と健康に関わる研究を推進するため、慶應義塾大学医学部を拠点として4月1日(水)に共同研究プロジェクト「生命(せいめい)をめぐる水」を開始します。

近年高齢化にともない人々の健康志向がますます高まっています。また熱中症対策やスポーツ時の水分補給など、健康における水の重要性は共通認識として広がりつつあります。こうした水と健康との関係性に注目が集まる中、本プロジェクトは生体内の水の流れや状態、生命の維持や健康と水とのかかわりを解明するべく、両者の知見を活かして2018年3月まで3年間にわたり実施するものです。

アクアポリンやアクアフォトミクスなど生体内の水の循環や生命維持活動に関する基礎研究を行っている慶應義塾大学医学部薬理学教室(教授:安井正人)と、「水と生きる」をコーポレートメッセージに掲げ、「サントリー 天然水の森」をはじめ自然界における水循環の解明など社会と自然との共生を目指したさまざまな環境活動や基盤研究を行っているサントリーグループが、「学」「民」それぞれの強みを活かした共同研究を行うことによって、生体内の水循環に関する研究を加速するとともにその研究成果を広く社会に発信し、人々の“クオリティーオブライフ”向上に貢献することを目指していきます。また、将来的にはその成果を実用化することも検討していきます。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)