メインカラムの始まり

[プレスリリース]
JSRと慶應義塾、病院の隣接地に医学化融合からイノベーションを生む拠点整備
-医療分野でのグローバルイノベーションを推進-

研究医療
2015/03/23  JSR株式会社
慶應義塾

JSR株式会社(代表取締役社長:小柴満信、本社:東京都港区)と慶應義塾(塾長:清家篤、東京都港区)は、産・学・医療の連携拠点と位置付ける共同研究棟「JSR・慶應義塾大学 医学化学イノベーションセンター」を設立して共同で運営していくことに合意しました。
大学医学部と化学素材メーカーとのこのような連携は世界でも類をみない試みです。基礎から臨床まで一体での医学・医療を展開している慶應義塾の医学部および病院の研究者と、ライフサイエンス領域を戦略事業と位置付けて先端材料・製品の開発を進めるJSRの化学素材研究者とが密に連携することにより、医療分野の幅広いニーズや先進的アイディアを実現し、健康長寿社会を支える新たな診断・治療技術や医療支援技術の確立と普及につながる研究・事業創造を行います。
JSR・慶應義塾大学 医学化学イノベーションセンターは同大学医学部と大学病院が立地する信濃町キャンパス(東京都新宿区)内に建設費約24億円で2015~2017年に共同研究棟(地上3階、地下1階、総床面積約3,900㎡)を建設、2017年4月から本格的に運用を開始する予定です。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)