メインカラムの始まり

[プレスリリース]
理化学研究所、慶應義塾大学SFC、大阪市立大学が連携・協力協定を締結
-健康増進・高齢者自立支援社会の構築を推進-

研究社会貢献
2015/02/25  理化学研究所
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス
大阪市立大学

2015年2月16日、理化学研究所(理研)のライフサイエンス技術基盤研究センター、光量子工学研究領域、情報基盤センター、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)の総合政策学部、環境情報学部、大学院政策・メディア研究科、および大阪市立大学健康科学イノベーションセンターは、高齢者の健康増進を図り、自立支援を推進する社会の構築に向けた連携・協力を行うことで合意し、協定を締結しました。

本協定の目的は、先駆的な研究成果に基づく社会実装プログラムの創生と実証・実践により、健康増進・高齢者自立支援社会の構築を推進することにあります。特に健康情報ビッグデータに関する課題を解決するため、相互の人材交流、共同研究、人材育成等の連携・協力を行います。

参画する機関はこれまで、疾患の発症を予知するための早期シグナル検出技術の開発やその小型測定装置の開発、一般市民参加型の検診研究、ビッグデータ解析技術の開発、ICT(情報通信技術)基盤の構築等に取り組んできました。
本協定の締結により、これらの活動をさらに発展させることになります。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)