メインカラムの始まり

[プレスリリース]
博士課程教育リーディングプログラム(オールラウンド型)「超成熟社会発展のサイエンス」2014年度シンポジウム・フォーラム
3/2開催 国際シンポジウム「スペシャリストとジェネラリスト 日仏討論」
3/4開催 学生フォーラム「超成熟社会を迎える今後の日本について」

教育
2015/02/18  慶應義塾大学

慶應義塾大学博士課程リーディングプログラム(オールラウンド型)は、このたび三田キャンパスにおいて3月2日(月)に国際シンポジウム、3月4日(水)に学生フォーラムを開催致します。

国際シンポジウムでは、「スペシャリストとジェネラリスト 日仏討論」と題し、プログラムの取組・活動実績紹介と講演を行い、その後、本学と相互のダブルディグリープログラムを実施するフランスの海外協定校Ecole Centrale de Nantesの学生と慶應の学生が討論を繰り広げます。

一方、学生フォーラムは、「超成熟社会を迎える今後の日本について」をテーマに学生が企画したものです。社会で活躍する方々をスピーカーとしてお招きし、本プログラムの学生が発表と討論を行います。
つきましては、各イベントの告知とご取材をお願い致します。

※2011年度に文部科学省「博士課程教育リーディングプログラム(オールラウンド型)」に採択され、2012年4月から学生を採用開始して、現在3年目となるプログラム。プログラム名は、「超成熟社会発展のサイエンス」。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)