メインカラムの始まり

[プレスリリース]
ヒトiPS 細胞由来の神経幹細胞移植後の腫瘍化メカニズムを解明
—脊髄損傷に対するiPS 細胞由来の神経幹細胞移植の安全性確保に向けて一歩前進—

研究医療
2015/02/13  慶應義塾大学医学部

慶應義塾大学医学部生理学教室(岡野栄之教授)と同整形外科学教室(中村雅也教授)は、JST再生医療実現拠点ネットワークプログラム において、損傷した脊髄を再生させる治療法の開発に取り組んでいます。これまでに、岡野教授らは京都大学の山中伸弥教授(京都大学iPS細胞研究所)らとの共同研究で、ヒトiPS細胞から神経幹細胞を分化誘導し、これを免疫不全マウス脊髄損傷モデルに移植を行い、良好な運動機能の回復を得ることに成功しています。しかし、使用するiPS細胞株によっては、移植後に一時的に運動機能が改善するものの、長期経過観察後に神経系腫瘍を形成してしまうことが分かりました。この腫瘍ではiPS細胞作製時に導入したOCT4遺伝子の活性化を認めており、次世代シーケンサーを用いた網羅的遺伝子解析の結果、上皮間葉転換が腫瘍の浸潤に関与していることが分かりました。

本研究成果は2015年2月12日正午(米国東部時間)に「Stem Cell Reports」オンライン版に公開されます。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)