メインカラムの始まり

[プレスリリース]
運動の記憶や学習を担う神経回路に必須なたんぱく質を発見
—記憶障害や精神疾患の解明と治療法に道—

研究医療
2015/01/22  科学技術振興機構(JST)
慶應義塾大学医学部  
 

JST戦略的創造研究推進事業において、慶應義塾大学医学部生理学教室の柚崎 通介教授と掛川 渉専任講師らは、神経回路が選択的に形成・維持されるのに必須なたんぱく質を発見しました。
私たちの脳の中では、無数の神経細胞が「シナプス」を介して互いに結合し、記憶・学習に必要な神経回路を形成しています。近年、発達障害や精神疾患の原因の1つとしてシナプスを基盤とした神経回路の障害が疑われています。しかしシナプスがどのようにして形成、維持、あるいは除去されるのかについては、未解明な点が数多く残されています。

本研究グループは、マウスを用いた実験により、神経細胞が分泌するC1ql1(シーワンキューエル1)と呼ばれるたんぱく質が、生後発達時の小脳において正しいシナプスを選択的に強化することを発見しました。また、成熟後にC1ql1を除去すると、いったん形成されたシナプスが失われ、小脳神経回路による運動学習が著しく障害されることが分かりました。
C1ql1に類似したたんぱく質は小脳以外のさまざまな脳部位にも存在し、それぞれの神経回路において機能すると考えられます。このため、本研究の成果は、記憶障害や精神疾患の原因解明と治療法開発に役立つことが期待されます。

本研究は、JSTの課題達成型基礎研究の一環として、新潟大学の崎村健司教授、北海道大学の渡辺雅彦教授、英国オックスフォード大学のラドゥ アリセスク博士と共同で行ったものです。
本研究成果は、2015年1月21日(米国東部時間)に米国科学誌「Neuron」のオンライン速報版で公開されます。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)