メインカラムの始まり

[プレスリリース]
廃シリコン粉末のレーザ焼結による多孔質複合厚膜の創製に成功
-産業廃棄物からリチウムイオン電池製造の可能性-

研究
2015/01/08  慶應義塾大学

慶應義塾大学理工学部機械工学科の閻 紀旺(やん じわん)教授の研究グループは、半導体デバイスや太陽電池の生産過程で大量に発生する廃シリコン粉末を主原料にカーボンナノファイバーを添加し、特定条件下でのレーザ焼結技術を用いた多孔質の複合厚膜の創製に世界で初めて成功しました。本手法は膜の機械的強度、結晶性および気孔率を同時に制御することができるため、高容量かつ低コストのリチウムイオン電池負極を作るための新しい製造プロセスの可能性を示すものとして期待されます。

本研究成果の一部は、2015年1月5日に、応用物理学会のレター誌『Applied Physics Express』のオンライン版で公開されました

※Yuki Iwabuchi and Jiwang Yan, “Laser sintering of silicon powder and carbon nanofibers forporous composite thick films”, Applied Physics Express 8, 026501 (2015).

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)