メインカラムの始まり

[プレスリリース]
慶應義塾大学医学部が独自の合格時保証奨学金制度を創設
一般入試成績上位者10名に1人あたり年間200万円を4年間給付

教育
2014/10/24  慶應義塾大学

福澤諭吉は、全国の精鋭が集まった適塾に学び、のちに慶應義塾を創立しました。慶應義塾大学医学部は、全国から多彩な精鋭を集め、将来の医学界のリーダーとして育成すべく、2015年度から入試制度の変更を行います。

まず、次世代の医学・医療を担う全国からの優秀な学生を支援するため、一般入学試験成績上位者10名に、第1学年~第4学年の各年度で継続的に1人あたり年間200万円(総額800万円)を給付する医学部独自の大型奨学金を創設します。

同時に、一般入学試験の第1次試験日を、従来の2月21日から2月19日に変更します。従来の試験日では、国立大学の第2次試験との間隔が近かったために日程上受験が難しかった地方の受験生も、より出願しやすい入試日程となります。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)