メインカラムの始まり

[プレスリリース]
「病院内移動支援システム」を開発
~高齢者・障がい者にやさしい、患者サービスを目指して~

研究社会貢献
2014/10/14  慶應義塾大学

慶應義塾大学医学部の三村將教授、同大学院システムデザイン・マネジメント研究科の西山敏樹特任准教授は、株式会社豊田自動織機と共同で、「病院内移動支援システム」を開発しました。

このシステムは、病院内の患者さんの移動をサポートし、移動したい場所をモニタの画面で指定し座っているだけで目的地に運んでくれるものです。大規模病院内での移動面において、患者さんと病院スタッフ双方の身体的・精神的負担を軽減する画期的なシステムです。2014年7月から実施した病院での患者さんの試乗評価でも概ね良好な評価を得ることが出来ており、今後普及に向けて検証・評価を続けてまいります。

なお、このシステムは、このたび2014年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しています。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)