メインカラムの始まり

[プレスリリース]
臨床試験に関する提携契約締結のお知らせ
-難病・稀少疾患・重症疾患の臨床開発に弾み-

研究医療
2014/08/25  慶應義塾大学病院
パレクセル・インターナショナル株式会社

慶應義塾大学病院(東京都新宿区:病院長 竹内勤、以下「慶應大学病院」)と外資系CRO(医薬品開発業務受託機関)のPAREXEL International Corporation(本社:米国マサチューセッツ州,以下「パレクセル社」)は、2014年4月28日付で、臨床開発に関する業務提携契約を締結しました。この業務提携契約(非独占的)は、画期的な治療薬が十分に現存しない難病・稀少疾患・重症疾患の臨床開発を円滑に運営し、有効性・安全性を有する重要な新薬や新たな治療法を適切に医療現場に提供することを目指すものです。日本国内の医療機関とこのような業務提携契約を締結するのはパレクセル社にとって今回が初めてです。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)