メインカラムの始まり

[プレスリリース]
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)で燃料電池発電システムを導入
「Bloomエナジーサーバー」の運転を開始

総合
2014/06/17  慶應義塾大学
Bloom Energy Japan株式会社

慶應義塾大学(所在地:東京都港区、塾長:清家篤)とソフトバンクグループで発電事業を行うBloom Energy Japan株式会社(ブルームエナジージャパン、所在地:東京都港区、代表取締役社長:三輪茂基、以下「BloomEnergy Japan」)は、クリーンで高効率な業務用・産業用燃料電池発電システム「Bloomエナジーサーバー」を慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスΔ館(以下「デルタ館」)に設置し、2014年6月17日より営業運転を開始します。今回導入する「Bloomエナジーサーバー」の出力規模は200kWで、1年を通してデルタ館および隣接の大学院棟τ館(以下「タウ館」)の電力需要の90%以上を賄うことができます。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)